Table For Two

100万人のいただきます!世界食料デーキャンペーン2020

コロナ禍の健康づくりを応援!
 TFT心と体の健康増進キャンペーン

TABLE FOR TWOは、開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む日本発のNPO法人です。
新型コロナウイルス感染症の流行拡大により、運動不足や心理的ストレスなど体と心の健康への影響が世界的にも問題視されています。 また、開発途上国においても、飢餓人口の増加が懸念されており、さらなる支援が必要な状況です。
このような状況を受け、2021年1月〜3月のキャンペーン期間中、生活習慣の変化に伴う健康維持に関する情報や、 社会貢献と連動して社員の健康増進に取り組む企業様の事例などを発信してまいります。

心の健康づくり

  1. 褒め活の実施
  2. 感謝カードを活用した取り組み

体の健康づくり

従業員の皆様の「体の健康づくり」を応援

  1. ウォーキングイベントの実施
  2. 健康ポイント制度を活用した取り組み

コロナ禍で生じた健康に関する課題 Focus​

日本での課題

1日の歩行量が大幅に減少

日常的な身体活動の指標として用いられる1日の平均歩数は、コロナ禍以前から目標を下回っていましたが新型コロナウイルス感染症の拡大以降、在宅勤務や自粛生活の広がりとともにさらに顕著になりました。 緊急事態宣言の前後で、1日の平均歩数は以前よりも約1,100歩減ったという調査もあります*1

*1リンクアンドコミュニケーションによる2020年8月発表の調査

1/3以上が精神的不調やストレスを感じる

日本医師会の調査によれば、35%以上の人が「外出等の減少により精神的不調やストレスを感じるようになった」と答えています*2。また、 企業の総務担当者を対象にした調査では、73%が「テレワークの方が従業員のメンタルケアが難しい」と回答しており、社員の健康ケアが以前よりも難しくなっていることが示されています*3

*2日本医師会による2020年7月の調査
*3『月間総務』による2020年9月の調査

開発途上国での課題

基本的な保健サービスの提供が中断

コロナ禍により定期予防接種や妊産婦の検診、診療所での診察など基本的な保健サービスの提供および利用が低下しています。

2020年10月時点で、2億6,500万人のこどもが、休校措置の影響を受けて、学校で給食を食べられずにいます。

TFT支援先のコロナ禍の状況、及び対応についてはこちらをご覧下さい。

ピックアップ特集 Pick Up

01ウォーキング

賛同企業インタビュー Interview

ご賛同企業 Partner

ご参加事例 Case

野村證券

ウォーキング

野村證券株式会社

社員の歩数に応じて寄付するウォーキングイベントを開催しました。 参加者全員の平均歩数が1日あたり7,000歩を達成すると500食分が寄付されるしくみで、期間中は毎日目標を達成。 加えて平均歩数が約900歩増加し、社員の「寄付するために歩こう!」という意識が高まりました。

野村ホールディングス

健康ポイント

野村ホールディングス株式会社

「人間ドックの早期受診」や「継続的な歩行習慣」など、健康の維持・増進に取り組む人を対象にポイントが付与され、 たまったポイントをさまざまなギフトに交換できる健康ポイント制度に、SDGsの達成に向けて取り組むNPO に寄付できる仕組みを導入しました。

内海産業

褒め活

内海産業株式会社

内海産業では、日々の理念を体現した仕事(活動・案件・取組みなど)に対し、 社員同士がSalesforce上で 承認・称賛バッジを贈る「褒め活」を実施しています。 1バッジにつき学校給食1食分を会社からアフリカとアジアの子どもたちに寄付しています。

日本ガイシ

褒め活

日本ガイシ株式会社

日本ガイシでは「withコロナありがとうキャンペーン」を社内7つの社員食堂で実施しました。 社員から食堂のみなさんに感謝メッセージを送り、  メッセージの数に応じて会社から学校給食1食分を届ける取り組みです。 期間中、800ものメッセージが集まりました。

リック

褒め活

リック株式会社

リックでは、サンクスカード(OKWAVE GRATICA)を通して感謝・称賛の気持ちをWEB上で贈り合う「褒め活」を実施し、 社員の心の健康増進を開発途上国の子ども達の健康増進につなげています。 サンクスカード1枚につき、20円(学校給食1食分)をTFTへ寄付しています。

コメ兵

褒め活

株式会社コメ兵

コメ兵では、クレドの行動指針に則った行動や誰かの素敵なチャレンジを見かけたら、 感謝と敬意を込めて、名刺大のカードにそのエピソードを書いて投函する取り組みを実施しています。 カード1枚につき、20円(アフリカ、アジアの子どもたちの学校給食1食分)を寄付しました。

健康ポイント

株式会社 FiNC Technologies

FiNCでは、健康保険組合の加入者がFiNCの保健指導に参加をして終了すると100円(給食5食分)が アフリカとアジアの子どもの学校給食として、寄付される取り組みを実施しています。