世界食料デー・ソーシャルアクション

おにぎりアクション 2016

10/11 (火) ~ 11/30 (水)

おにぎりで世界を変える

写真を1枚投稿すると、協賛企業から
給食5食分に相当する100円が寄付されます

あなたの写真投稿が、
アフリカ・アジアの給食に

必要なのはおにぎりだけ。写真投稿は無料。期間中、何回でも投稿可能。
投稿方法 - おにぎりいただきます&写真撮影。写真をサイトに投稿。TABLE FOR TWOを通じてアフリカ・アジアの子供たちに給食が届く。 投稿方法 - おにぎりいただきます&写真撮影。写真をサイトに投稿。TABLE FOR TWOを通じてアフリカ・アジアの子供たちに給食が届く。

いただきます!写真の投稿

10月11日(火)スタート!

map canvas

応援メッセージ

中村祐介 / 一般社団法人おにぎり協会

おにぎりは、日本食文化のシンボル。

食というもっとも身近なことでアクションを起こす本活動に共感し、応援します。おにぎりは日本の食文化のシンボル。おにぎりを通じて、参加する人たちの顔すべてに笑顔が浮かべばと願っています。

山田玲子 / Salon de R

おにぎりは日本のソウルフード!

どんな人にもおにぎりの思い出ってありますよね。そして、好きなおにぎりの具材やかたちも人それぞれ。おにぎり談義に話が咲くことも多いのではないでしょうか?そうです。おにぎりこそが日本のソウルフード、ママの味ではないでしょうか?そんなおにぎりは世界中でも人気になっていますね。おにぎり外交はどこまでも続きますね!!

kokoronotane / フードコーディネーター

世界に笑顔と温もりを

おにぎり写真を投稿する事で開発途上国に給食を寄付する事が出来るという素晴らしい企画に感銘を受け、私も昨年から応援させて頂いてます。世界の貧しい人達が少しでも笑顔を取り戻してくれるなら…そんな想いで今年も沢山のおにぎりを作りたいです。そして見て下さる方々にも笑顔を届ける事が出来ると嬉しいです。

奥田絵美 / 株式会社ママそら 代表

子どもと一緒に社会貢献

おにぎりを食べて社会貢献できるこのプロジェクト。小さいお子さんも参加しやすいですよね。 世界の現状や日本のことについて、社会貢献についてなど、親子で考えてみるいい機会になるのではないでしょうか。 1人でも多くの子どもたちの笑顔に繋りますように。