基礎データ

  • ・国名:ウガンダ共和国
  • ・首都:カンパラ
  • ・面積:24.1万k㎡
  • ・人口:3,200万人
  • ・民族:バガンダ族、ランゴ族、アチョリ族など
  • ・言語: 英語、スワヒリ語、ルガンダ語など

ウガンダ共和国(通称ウガンダ)は、ケニア、スーダン、コンゴ民主共和国、ルワンダ、タンザニアに囲まれた内陸国であり、1962年に旧宗主国イギリスから独立をしました。独立以来、クーデターが繰り返されていましたが、現在のムセベニ政権が1986年に発足して以来、政情は安定しています。

ウガンダでは、1980年代後半から世界銀行やIMFからの支援を得た結果、サハラ以南アフリカの中で最も経済成長率の高い国の一つへ成長しています。国民一人当たりの年間総所得は、2009年時で$460であり、ここ5年間を見ても順調な伸びを見せています。このようなウガンダの経済基盤を支えているのは、農水産業では鮮魚・コーヒー・紅茶・綿花、鉱業では銅・コバルト・金、工業では繊維・セメント・砂糖などとなっています。

またウガンダの特徴として、1986年以降のムセベニ政権によるHIV/AIDSに対する国家的な対策が挙げられます。当時のムセベニ大統領が政権発足と同時にエイズ対策を掲げ、衛生省と現地NGOが協働しながらHIV血液検査や感染患者へのカウンセリングをスタートしました。同時に人々へHIV/AIDSへの理解を深めるため、”Abstinence(禁欲), be faithful(忠誠心), use a condom(避妊具の使用)”のメッセージを掲げた通称”ABC”と呼ばれる教育を国家レベルで開始しました。その結果、ウガンダ国内の15歳以上のHIV/AIDS蔓延率は、統計がスタートした1990年以降1991年の13.8%を最大として2007年時点では5.4%まで減少しています。しかし依然HIV/AIDSの影響から孤児たちが多く存在しており、そういった子どもたちへの生活する手段・教育を受ける機会が必要とされています。

 

菜園プログラム

ウガンダではマトケと呼ばれるバナナや乾燥させたトウモロコシ粉にお湯を加えて練ったポショが主食として食べられています。甘くないバナナはデンプン質が豊富ですが、ビタミンAや鉄のような微量栄養素はあまり含まれていません。キャベツやドドと呼ばれる葉物野菜、豆類やトマト、玉ねぎのような野菜に加えて、地域によってはアボカドやオレンジの木を育てたり、養蜂を手がけています。

栽培にあたっては牛糞からできた有機肥料を使ったり、化学合成農薬を減らしたり使わずに防虫する栽培手法が採用されています。

収穫した野菜は、栽培に参加した人たちが自家用として持ち帰るほか、近隣の市場で販売して現金収入を確保することもあります。



このページの先頭へ