イロラングル小学校の生徒たち

基礎データ

  • ・国名:タンザニア連合共和国
  • ・首都:ドドマ (経済の中心地はダルエスサラーム)
  • ・面積:94万k㎡
  • ・人口:3,700万人
  • ・民族:スクマ、ハヤ、ニャキュサ、マサイなど120以上の民族
  • ・言語: スワヒリ語、英語

タンザニア連合共和国は中央アフリカ東部の共和制国家で、ケニア、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、ザンビア、マラウィ、モザンビークと国境を接しています。日本の約2.5 倍の国土面積におよそ 3,700 万の人口を擁しています。1996 年に法律上の新首都はドドマに移転しましたが、その他の政府官庁や経済活動の中心は、旧首都ダルエスサラームにあります。

アフリカでも有数の大自然に恵まれ、文化的にもスワヒリ語を公用語とし、アフリカ在来の言語が大きな役割を果たしている数少ない国家となっています。1980 年代半ばにそれまでの社会主義経済から方向転換し、貿易制限の緩和など自由経済へと舵を切りました。国営企業の民営化など政府セクターの民間への移動と、南アフリカ共和国などからの投資の拡大により、この5年は約7%の経済成長を続けています。

その一方で貧困率は依然として大きな課題となっています。1991/92 年度と2000/01 年度に実施された国内調査を比較すると、タンザニア最大の都市であるダルエスサラームでは、貧困削減が進んでいますが、他の都市部と多くの貧困層が居住する農村部における貧困率の低下は限定的でした。必要最低限の生活を営むのに必要な消費支出を確保できない貧困層が、農村部では30%以上を占めているとも見積もられています。

*参考:The World Bank; JICA 貧困プロファイル

イビリ小学校で給食を食べる子どもたち

給食支援地域:ムボラ地区

タンザニアでは、中西部のタボラ州・ムボラ地区内の、ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトの対象となっている小学校で給食を提供しています。

ムボラ地区での学校給食プログラムは2010 年から中断されていたのですが、生徒たちの就学率、出席率、さらには中等教育への進学率といった観点から、再開が望まれていました。2011 年秋から、ムボラ村の17 の小学校に通う約9,000 人の生徒に学校給食の提供をはじめました。

この地区には約7,000世帯、およそ34,000 人が住んでおり、多くが零細農業を営み、自給自足に近い生活を送っています。ミレニアム・ビレッジ・プロジェクトでは、農業生産性向上や、スモールビジネス創出支援、保健衛生プログラム、教育など、極度の貧困から抜け出すための包括的な取り組みが行われています。これまでの取り組みで、収穫量の増加や、安全な水の確保などの成果があがっています。

*現地提携団体:Millennium Promise

ムボラ地区:TFT支援小学校
Ibiri579
Inonelwa494
Mabama1,236
Ideka256
Msiliembe B360
Msiliembe514
Msimba504
Migungumalo797
Lolangulu1,180
Isila330
Mbola509
kaghobole243
Ulimakafu336
Kasisi A210
Kasisi B423
Isenga676
Madaha389
総生徒数9,036


ノネルワ小学校で調理中の母親

給食の効果

毎日13 時~14 時ころに、給食が提供されています。現地ではウガリと呼ばれるトウモロコシの粉をお湯で練って作られた主食に、豆や野菜のスープが添えられるのが、日常の給食メニューです。(ウガリはウガンダやルワンダではポショと呼ばれています)

TFTが支援している基本的な食材に加え、キャベツやトマト、さらにはビクトリア湖でとれた小魚を、コミュニティや両親が自発的に給食用の食材として提供する取り組みが始まっています。これにより、ビタミンやカルシウムの摂取が促進できます。また、給食プログラムへのコミュニティの関与という観点でも意義のある取り組みになっています。中長期的に外部からの給食支援がなくなっても、親や地域住民で子どもの教育や健康を支えていく、という土台につながることが期待されています。

このページの先頭へ