基礎データ

  • ・国名:ルワンダ共和国
  • ・首都:キガリ
  • ・面積:2.6万k㎡
  • ・人口:1,000万人
  • ・民族:フツ族、ツチ族など
  • ・言語:キニアルワンダ語、フランス語、英語

ルワンダ共和国(通称ルワンダ)は、「千の丘の国」と呼ばれる自然豊かな内陸国です。1994年に元陸軍と市 民兵 (インターハムウェ)がツチ族と穏健派フツ族の組織的排除を計画し、大虐殺へとつながりました。この大虐殺は、国中を混乱に巻き込み、3か月の間に数十万 人もの死者を出す大惨事となりました。その後、カガメ大統領が就任し、虐殺時に海外へのがれていた人々を呼び戻し、彼らが持つ知識と技術を用いた国の復興を進めています。

虐殺時に経済も大きな打撃を受けましたが、その後先進国からの援助、健全な経済政策により1999年までにGDPは内戦前の水準に回復しています。現在では、農林漁業がGDPの40%以上、労働人口の90%を占め、多くの農民が小規模農地を所有しています。輸出品目の60%を占める主要輸出作物はコーヒー・茶であり、高品質化により国際競争力を強化する政策をとっています。一方で、内陸国のために輸出入にかかる輸送費が高いという問題も抱えています。

サハラ以南アフリカの中で特筆すべき経済成長を遂げているルワンダでも、個人の生活に注目するといまだ厳しい状況が続いています。国が定める貧困ラインという基準以下に暮らす、いわゆる貧困層と呼ばれる人々は2006年時で50%を超えています。これは、TFT支援国の中でも最大の数値となっています。急速な発展の後ろ側には、その発展にまだついていけていない人々が存在しています。

*参考:The World Bank、外務省

マヤンゲ地区・ムイェンジ幼稚園で給食を食べる子どもたち

給食支援地域:マヤンゲ地区

ルワンダの首都キガリから30キロほど南へ向かった地に、マヤンゲ地区は位置しています。 この地域にある、小学校5校、幼稚園3校に通うおよそ6,200名の子どもたちへ給食を届けています。


1999年にルワンダで起きた大飢饉により、ほとんどの子どもが学校へ通うことができなくなってしまいました。 その後2001年から国際機関による職掌支援が開始され、政府も一体となり子どもたちを学校に戻す政策がすすめられました。 現在ルワンダの小学校では、ダブルシフト制を採用しており、多くの子どもたちが学校に通うことができるよう、 午前の部と午後の部の2回授業を行っています。


一方、ルワンダにはこれまで幼稚園がほとんど存在せず、幼い子どもたちは親たちが農作業などの仕事をしている間は、 近所の一つの家へ集められていました。そこでは、何か教育が行われるわけでもなく、ただ多数の子どもたちを1~2人の大人が 預かっているという状態が続いていました。また幼稚園が無いことにより、本来ならば小学校へ行くべき年齢の子どもたちが、 親のかわりに幼い兄弟の世話をしなければならず、小学校へ通えないという状況も生まれていました。 小学生の就学率を上昇させるためにも、幼稚園の設立・拡大が行われています。

*提携団体:Millennium Promise

**ルワンダの小学校での給食材料調達に関して
は、他団体と共同で行っております。

マヤンゲ地区:TFT支援小学校
学校名生徒数
Mayange A Primary School*1,461
Mayange B Primary School*1,085
Kamabuye Primary School1,242
Muyenzi Primary School*1,411
Mboyo Primary School
総生徒数5,977

*幼稚園を含む
(男児117名、女児75名)

給食支援地域:バンダ村

ルワンダ南西部ニュングエ国立公園内に位置するバンダ村では、村唯一の幼稚園にて4~6歳のおよそ300名子どもたちに向けて給食プログラムが行われています。


この地域ではHIV/AIDSの影響で、多数の子どもたちが孤児となっており、親戚や近所の家に預けられて生活しています。自給自足に近い生活を行っているこの村では、食べ物の量もバリエーションも限られています。また、一家庭における子どもの数は7~8名ほどと大変多く、家族みながお腹いっぱい満足な食事ができる機会はほぼ無いと言っても過言ではありません。


この幼稚園に通う子どもたちの多くはエイズ孤児であり、別の家庭に預けられながら生活をしています。そんな子どもたちに、体も心も健康的な生活が送れるよう、給食プログラムが実施されています。


*提携団体:Kageno Rwanda



マヤンゲ地区・マヤンゲA小学校に通う生徒の家庭

給食の効果

給食は、子どもたちの健康状態や勉強へのモチベーションを向上させていくだけでなく、給食運営に携わる親たちの姿勢も変えています。

「私たちは、外部の人からただ支援されるのを待っているだけは、嫌なんだ。今では給食が子どもたちにとって本当に大切なものだとわかっている。だから私たちはこの運営に参加しているんだ」

「学校給食プログラムは本当に重要なもの。しかし、いつか終わってしまうのではないかという不安がいつもある。子どもたちのために、このプログラムをずっと続けていきたい。」

「私の子どもの次の世代には、彼らや彼らの子どもたちが必要とするものに困らない生活を送ってほしい。そして、彼らの周りの困っている人たちを助けられるような人になってほしい。」

このページの先頭へ