ティグリー州ハウゼン地区にある小学校

基礎データ

  • ・国名:エチオピア連邦共和国
  • ・首都:アディス・アババ
  • ・面積:109.7万k㎡
  • ・人口:8,100万人
  • ・民族:オロモ族、アムハラ族など約80の民族
  • ・言語: アムハラ語、英語

エチオピア連邦民主共和国(通称エチオピア)は、エリトリア、ジブチ、ソマリア、ケニア、ウガンダ、スーダンに面する内陸国であり、およそ3,000年以上の歴史を持つアフリカで最も古い独立国です。約80の民族からなる8,100万人近くの人口を有し、サハラ以南のアフリカではナイジェリアに次いで二番目に人口が多い国となっています。一方で、エチオピアは世界の中でも最も貧しい国の一つとされており、国民1人当たりの年間総所得は2009年の時点で$350にとどまっています。(サハラ以南アフリカの国民一人当たりの年間総所得:$1,077)

人口のおよそ30%(エチオピア国内全雇用の約85%)が農業に従事し、主にコーヒーやメイズ、油料種子などを輸出用作物として栽培しています。エチオピアの年間GDP成長率は、2005年以降10%超を示しており、他のTFT支援国と比較しても高い水準を維持しています。しかしその一方で、石油価格や食料価格の高騰によりインフレ率も2桁に達しており、そのために生活必需品の価格も高騰し、人々の家計は厳しい状態に追い込まれています。

*参考:The World Bank

ハウゼン地区の小学校に通う子どもたち

給食支援地域:ハウゼン地区

エチオピア北部エリトリア国境近くに位置するハウゼン地区内11の村にて、2010年9月からTFT給食プログラムが始まりました。


この地域ではおよそ7万人の人々が生活をしています。22の小学校があり、約13,000人の子どもたちが日々学校へ通っています。

そこでは、トレーニングをうけた総計349名の教師たちが授業を行っており、 学校の運営をより円滑に行っていくためのPTAもそれぞれの学校に設立されています。このような地域を巻き込んだ学校の 運営システムは、より多くの地域住民たちに子どもたちへの学校教育についての理解を促す機会となり、結果的に中退率の減少、 ジェンダー差別による女子児童への差別の抑止、また就学適齢児の就学率の上昇に繋がっています。これら全ての学校では、TFTの他の支援国と同様に、子どもたちの健康面改善や就学率を上昇させるために、 学校給食プログラムが実施されていました。しかし、2008 年にエチオピアを襲った大干ばつと、その結果として起こった 収穫高の激減により(一部地域では前年比80%減)、2009年からハウゼン地区内11村にある計22校での学校給食プログラムは 一時中断となり、子どもたちは空腹のまま授業を受けることを余儀なくされていました。この度TFTでは、2010年新学期が始まる 9月から、このハウゼン地区内の学校にて給食プログラムへの支援を開始しています。


*現地提携団体:Millennium Promise
**エチオピアの小学校での給食材料調達に関しては、他団体と共同で行っております。

ハウゼン地区:TFT支援小学校
Addibre* 1,283
Adi-Desta/Meshel/532
Debre-Tsehay197
Dgum1,205
Endatsebela1,206
Hadinet221
Hadush-Addi770
Hatset238
Kokhi-Azaz1,131
Mai-Gundi349
Mai-Tekeli90
Mai-Tseba109
Mai-Welel56
Megab1,120
Mongoleats288
Qoraro572
Selae295
Sluh158
Suta369
Tala179
Tsehaf-werdi1,232
Welel1,129
総生徒数12,729


ハウゼン地区に暮らす一家の主の男性

エチオピア:給食への期待

「どのように生活していけばいいか、わからないんだ。」

そう話すのは、ハウゼン地区の村に暮らす農業を営む男性です。彼は、奥さんと5人の子どもたちを養う一家の主です。今も農業と牧畜で生計を立てていますが、彼も例外ではなく昨今の大干ばつの影響を受ける一人です。収穫高が激減し、日々の食事すらままならない中、彼は神が自分たちの行いへ罰を与えているのだ、今は耐えるしかない、と切迫した日々を送っています。

この地域では、彼のような非常に過酷な状況が蔓延しています。特に大人より体力のない子どもたちは、より厳しい生活を強いられています。地域全体が食糧難のため、自宅の食事もままなりません。今、現地で食べられているのは雑穀粉でできたインジュラという堅焼きクレープのような食事のみであり、もちろん3食しっかり食べられることはほぼありません。空腹のまま、炎天下数キロの道のりを通学する子どもたちも多く、栄養不足から教室で失神してしまう子も珍しくありません。

今後TFT給食プログラムにより、他の支援地域で見られているような子どもたちの栄養状態改善、教育機会の充足、そして長期的にはコミュニティーの持続可能な自立を目指し、ハウゼン地区の支援を行って参ります。

このページの先頭へ