table for two代表メッセージ - 代表 小暮 真久

小暮

僕が仕事をしていて、そして生きていて良かったと感じる瞬間

アフリカの子どもたちが輝くような笑顔で僕と遊んでくれたとき
生まれてから、これまでに出会った友人たちが集結してくれたとき
TFTを支援してくれる人たちと苦労をして事業を作り上げたとき
ボランティアの学生さんたちと一緒にイベントを切り盛りしたとき
TFTの運動の輪が世界に広がり「何かが変わろうとしている」と感じられたとき

そこには、組織や国境の壁を越えて、
「想い」によって引き寄せられる人とのつながりがあり、
誰かのため、社会のため役立つことをしている心からの実感があり、
そして、一緒に努力した人たちと分かち合える感激があるからです。

これが楽しくて、心がワクワクしてtable for twoの仕事をしています。

小暮真久- Masahisa Kogure

1972年生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、オーストラリアのスインバン工学大で人工心臓の研究を行う。 1999年、同大学修士号修得後、マッキンゼー・アンド・カンパニー東京支社へ入社。 ヘルスケア、メディア、小売流通、製造業など幅広い業界の組織改革・オペレーション改善・営業戦略などのプロジェクトに従事。 同社米ニュージャージー支社勤務を経て、2005年、松竹株式会社入社、事業開発を担当。
経済学者ジェフリー・サックスとの出会いに強い感銘を受け、その後、table for twoプロジェクトに参画。2007年NPO法人table for two Internationalを創設。

著作:

「20円」で世界をつなぐ仕事 - "想い"と"頭脳"で稼ぐ社会起業・実践ガイド(日本能率協会マネジメントセンター)
※本の売上のうち20円が、table for twoを通じて開発途上国に寄付されます。

20代からはじめる社会貢献:400社が支援した「社会起業」とは(PHP新書)

『社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた』(ダイヤモンド社)

受賞歴:

公益社団法人 日本青年会議所 人間力大賞 - 2009年度 厚生労働大臣奨励賞
ビジネス書大賞実行委員会 ビジネス書大賞 - 2010年度 新人賞
(『「20円」で世界をつなぐ仕事』)
シュワブ財団 「アジアを代表する社会起業家」賞 - 2011年
日経BP社 日本イノベーター大賞 - 2011年度 優秀賞
経済誌Forbs 「世界を代表する慈善活動家ヒーロー48人」- 2012年
Tha Asian Awards - 2013年度 社会起業家部門

主なメディア出演履歴:

テレビ
2009.07.23 CHANGE MAKER / NHK総合
2009.03.03 視点・論点 / NHK教育
2009.02.09 報道ステーション / テレビ朝日
ラジオ
2009.12.25 ニッポン放送 「中田宏のドリームランナー」
2009.10.18 J-WAVE 「WILL FOR TOMORROW」
2009.04.18 TOKYO FM 「Amitie du weekend」
新聞
2009.10.19 日本経済新聞 「拓くひと - 半歩先へ 小暮真久さん 食事がアフリカ支援になる仕組み」
2009.09.15 朝日新聞 「働く - 社会を変えたい④ 途上国の人々に笑顔を」
2009.05.31 読売新聞 「不屈のひみつ 肥満と飢餓 同時に解決」
雑誌
2009.09 GOETHE「なぜ今、社会起業家が必要とされているのか?」
2009.08 GQ JAPAN 「七人の侍 日本の未来を切り開くのはこの男たちだ!」
2009.04 週刊ダイヤモンド 「社会起業家たちの挑戦」
WEBインタビュー
2016.02 日経ビジネスオンライン 小暮真久interview
2013.11.29 DRIVE 小暮真久インタビュー
2009.10.07 nikkei BP net(対談)ソーシャルビジネスをめざせ
2009.04.01 GLOBIS.JP 社会起業家の実像

このページの先頭へ